KONCHA WEB

グアム・サイパン・パラオ

とっておき体験やグルメが見つかる

ルックJTBココ夏ッ通信

グアムの移動に超便利!赤いシャトルバス完全活用ガイド

2017/09/06 | はじめてグアム ショッピング シニア

グアムに着いたら観光もしたいしショッピングもしたい、評判のレストランにも行きたい!お目当てのものがたくさんあればあるほど、移動はなるべく効率よくしたいもの。

グアムでの移動手段は、バス、タクシー、レンタカー、観光ツアーに参加するなどいろいろあります。そのなかで今回は、旅行者向けの人気路線バス「赤いシャトルバス」について詳しくご紹介します!

この記事は2017年9月に最新版の内容に更新しています。
下記の路線情報は2017年9月現在のものとなります。路線や運行時刻は予告なく変更となる場合がありますので予めご了承ください。

赤いシャトルバスの路線と乗車料金

赤いシャトルバス(路線)

赤いシャトルバスとして複数路線が運行しています。運行エリアは、旅行者のほとんどが宿泊するタモンとタムニンのエリア、タモンから少し離れたハガニアのエリア、ショッピングモール、恋人岬の観光スポットなどです。

【2017年9月まで】
(A)タモンシャトル
(B)ショッピングモールシャトル
(C)Tギャラリア⇔Kマートシャトル
(D)GPO⇔レオパレスシャトル
(E)ハガニアシャトルバス(※2017年9月まで運行)
(F)恋人岬シャトル
(G)チャモロビレッジナイトシャトル
(H)朝市シャトル
(I)Tギャラリア⇒空港

【2017年10月以降】
(1)タモンシャトル
(2)ショッピングモールシャトル
(3)Tギャラリア⇔Kマートシャトル
(4)GPO⇔レオパレスシャトル
(5)恋人岬シャトル
(6)チャモロビレッジナイトシャトル
(7)朝市シャトル
(8)Tギャラリア⇒空港
(9)ハガニアマリンバス(※2017年10月から運行)

乗車料金

料金は1回ずつ乗車時に支払う方法と、チケットを購入する方法があります。チケットは、1回乗車券のほか、指定の路線に何度でも乗り降りできる乗り放題券などが販売されています。

チケットの種類 料金 乗車可能な路線
1回乗車券 $4 (A)~(H)、(1)~(7)
1日乗り放題券 $12 (A)~(D)、(1)~(4)
2日乗り放題券
+WiFiアクセス(2日間48時間)
$15 (A)~(D)、(1)~(4)
5日乗り放題券
+WiFiアクセス(5日間72時間)
$25 (A)~(D)、(1)~(4)
子供乗り放題券(6~11歳) $13 (A)~(D)、(1)~(4)
ハガニアシャトルバス周遊券 $10 (E)
恋人岬シャトルトクトクチケット
(往復乗車券+恋人岬展望塔入場券)
通常$11⇒$10 (F)、(5)
チャモロビレッジナイトシャトル
トクトク往復チケット
通常$8⇒$7 (G)、(6)
朝市シャトルトクトク往復チケット 通常$8⇒$7 (H)、(7)
Tギャラリア⇒グアム空港行きチケット $7 (I)、(8)
ハガニアマリンバス往復チケット $7 (9)
※6歳未満は無料。
※WiFiについて:タモンシャトルの路線沿いと車内で利用可能。ホテル客室内やビーチなどでは繋がりません。(WiFiは2017年3月までのサービスとなります。2017年4月以降はWiFiは付いておりませんのでご注意ください。)

チケットの買い方

チケットカウンター(イメージ) ラムラムツアーズブログより

チケットカウンター(イメージ) ラムラムツアーズブログより

チケットは、赤いシャトルバスの各チケットカウンター(グアム国際空港到着ロビー、グアムプレミアアウトレット内、T ギャラリア by DFS内、マイクロネシアモール内)、旅行会社のツアーデスク、主要ホテルのフロントで購入できます。バスの乗車時に直接ドライバーから購入することもできますが、全種類揃っていないこともあるので、事前購入がおすすめです。

旅行会社でパッケージツアーを予約すると、各旅行会社発行の特典カードが付いている場合があります。カードの特典のひとつとして、指定の赤いシャトルバスに乗車することができます。カードの種類により乗車可能な路線が異なってくるので、詳しくはお申込み旅行会社に確認しましょう。

チケットは、ココ夏ッ通信サイトからオンラインでもお申込みいただけます!
赤いシャトルバスの詳細・申込み(ココ夏ッ通信)

乗車・降車の方法

(イメージ)

(イメージ)

バス停には日本語の案内が掲載されています。バス停に並んでいれば、手を挙げなくてバスは停車してくれます(満車時は通過する場合あり)。

前方の扉から乗車し、ドライバーに乗車料金を支払ます。チケットが必要な方は種類を伝え購入します。乗り放題チケットや旅行会社発行の特典カードを持っている方はドライバーに提示しましょう。

バス車内にはモニターが設置されていて(2016年4月より全車両に設置)、次のバス停の情報が英語・日本語などで表示されます。しっかり確認して、目的地で降車しましょう。

路線(詳細)

(イメージ)

(イメージ)

運行ルートや所要時間などを詳しくご紹介します。マップで確認したい方は下の「路線図」「時刻表」リンクを参照してください。

【2017年9月まで】
路線図: [ 2017年04月~2017年09月 ]
時刻表: [ 2017年04月~2017年09月 (A)~(D)(F) ]
時刻表: [ 2017年04月~2017年09月 (E)(G) ]

【2017年10月以降】
路線図: [ 2017年10月~2018年03月 ]
時刻表: [ 2017年10月~2018年03月 (1)~(4)(8) ]
時刻表: [ 2017年10月~2018年03月 (5)~(7) ]
時刻表: [ 2017年10月~2018年03月 (9) ]

(A)(1)タモンシャトル(運行:約13分間隔 ※2017年9月までは10分間隔)

タモンとタムニンの主要ホテルと人気ショッピングモールを、約13分間隔で運行するシャトルバス。ホテル間の移動やショッピングに最適です。マイクロネシアモール行きの北回りルートと、グアムプレミアアウトレット行きの南回りルートがあります。

<北回りルート>
グアムプレミアアウトレット(所要時間)
↓ グアムヒルトン(約9分)
↓ パシフィックアイランドクラブ向かい(約12分)
↓ ファウンテンプラザ前(約14分)
↓ ホリデーリゾート向かい(約16分)
↓ パシフィックベイホテル前(グランドプラザホテル)(約18分)
↓ タモンサンズプラザ(約22分)
↓ ハイアットリージェンシー向かい(約24分)
↓ T ギャラリア by DFS(約28分)
↓ JPスーパーストア前(約32分)
↓ パシフィックプレイス(約34分)
↓ ホテルニッコーグアム(約37分)
↓ ロッテホテルグアム(約39分)
マイクロネシアモール(約46分)

<南回りルート>
マイクロネシアモール(所要時間)
↓ パシフィックプレイス(約7分)
↓ ザ・ビーチ(夕刻以降のみ停車)
↓ ホテルニッコーグアム(約9分)
↓ ロッテホテルグアム(約10分)
↓ ウェスティン前(リーフホテル)(約12分)
↓ アウトリガー/ザ・プラザ前(約15分)
↓ サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前(約17分)
↓ タモンサンズプラザ向かい/タモンベイセンター前(約19分)
↓ ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前(約20分)
↓ パシフィックアイランドクラブ前(約22分)
↓ イパオビーチ/GVB前(約24分)
↓ グアムヒルトン(約26分)
↓ シェラトンラグーナグアムリゾート(約33分)
↓ オンワードビーチリゾート(約36分)
グアムプレミアアウトレット(約45分)

(B)(2)ショッピングモールシャトル(運行:約20分間隔 ※2017年9月までは10分間隔)

グアムプレミアアウトレット、Kマート、マイクロネシアモールを結ぶシャトルバス。Kマートはお土産なども買えるアメリカならではの巨大スーパー。ショッピング好きには欠かせない路線です。タモンシャトルと乗り継いで便利に利用できます。

【2017年9月まで】
<ルート>
グアムプレミアアウトレット(所要時間)
↓ Kマート(約10分)
↓ マイクロネシアモール(約20分)
↓ Kマート(約30分)
グアムプレミアアウトレット(約40分)

【2017年10月以降】
<ルート>
グアムプレミアアウトレット(所要時間)
↓ アガニャショッピングセンター(約25分)
グアムプレミアアウトレット(約50分)
↓ Kマート(約10分)
↓ マイクロネシアモール(約20分)
↓ Kマート(約30分)
グアムプレミアアウトレット(約40分)

(C)(3)Tギャラリア⇔Kマートシャトル(運行:約20分間隔)

T ギャラリア by DFSとKマートを結ぶシャトルバス。T ギャラリア by DFSのあるプレジャーアイランドと呼ばれるエリアはグアム一番の繁華街。プレジャーアイランドを楽しんだ後に、少し足を伸ばしてKマートでショッピングを楽しみたい方に最適です。Kマートからショッピングモールシャトルに乗り継ぐことができます。

<ルート>
T ギャラリア by DFS(所要時間)
↓ JPスーパーストア前(約2分)
↓ Kマート(約28分)
T ギャラリア by DFS(約38分)

(D)(4)GPO⇔レオパレスシャトル(運行:約40分間隔)

レオパレスリゾートに宿泊の方に便利なシャトルバス。グアムプレミアアウトレットから他のシャトルバスに乗り継ぐことができます。

<ルート>
レオパレスリゾート(所要時間)
↓ アガニャショッピングセンター/SMストアー前(約20分)
↓ グアムプレミアアウトレット(約40分)
↓ アガニャショッピングセンター/SMストアー前(約60分)
レオパレスリゾート(約80分)

(E)ハガニアシャトルバス(運行:1日8便)(※2017年9月まで運行)

タモンのホテル街からハガニアの主な観光スポットに行くことができるシャトルバス。チャモロビレッジ、聖母マリア大聖堂、アガニャショッピングセンターのバス停は乗り降り自由。

<ルート>
タモンサンズプラザ(所要時間)
↓ ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前(約2分)
↓ パシフィックアイランドクラブ前(約4分)
↓ イパオビーチ/GVB前(約5分)
↓ グアムヒルトン(約7分)
↓ シェラトンラグーナグアムリゾート(約14分)
↓ オンワードビーチリゾート(約17分)
↓ チャモロビレッジ(約27分)
↓ マリア大聖堂(約32分)
↓ アガニャショッピングセンター/SMストアー前(約36分)
↓ グアムプレミアアウトレット(約49分)
↓ シェラトンラグーナグアムリゾート(約54分)
↓ オンワードビーチリゾート(約57分)
↓ グアムヒルトン(約64分)
↓ パシフィックアイランドクラブ向かい(約66分)
↓ ファウンテンプラザ前(約67分)
↓ ホリデーリゾート向かい(約69分)
↓ パシフィックベイホテル前(約70分)
タモンサンズプラザ(約72分)

(F)(5)恋人岬シャトル(運行:1日12便)

T ギャラリア by DFSと定番観光地の恋人岬を結ぶシャトルバス。往路のみJPスーパーストアとマイクロネシアモールからも乗車可能です。恋人岬展望台の入場料がセットになったチケットがお得でおすすめ。

<ルート(往路)>
T ギャラリア by DFS(所要時間)
↓ JPスーパーストア(約3分)
↓ マイクロネシアモール(約15分)
恋人岬(約30分)

<ルート(復路)>
↓ 恋人岬(所要時間)
T ギャラリア by DFS(約10分)

(G)(6)チャモロビレッジナイトシャトル(運行:約20分間隔)

チャモロビレッジで水曜日に開催されるナイトマーケットに合わせて運行されるシャトルバス。水曜夜のみ運行。T ギャラリア by DFS発着、グアムプレミアアウトレット発着、レオパレス発着の3ルート。

<ルート/T ギャラリア by DFS発着>
T ギャラリア by DFS(所要時間)
↓ チャモロビレッジ(約30分)
T ギャラリア by DFS(約60分)

<ルート/グアムプレミアアウトレット発着>
グアムプレミアアウトレット(所要時間)
↓ チャモロビレッジ(約20分)
グアムプレミアアウトレット(約40分)

<ルート/レオパレス発着(運行:約60分間隔)>
レオパレス(所要時間)
↓ チャモロビレッジ(約30分)
レオパレス(約60分)

(H)(7)朝市シャトル(運行:土日の朝のみ)

タモン・タムニンのホテルと、土日限定で開催されるデデド朝市を結ぶシャトルバス。土日の朝のみ、往路・復路ともに2便の運行。朝市が天候等により中止の場合はシャトルバスも運休。

<ルート(往路)>
オンワードビーチリゾート(所要時間)
↓ シェラトンラグーナグアムリゾート(約5分)
↓ グアムヒルトン(約10分)
↓ パシフィックアイランドクラブ向かい(約13分)
↓ ファウンテンプラザ前(約15分)
↓ ホリデーリゾート向かい(約18分)
↓ パシフィックベイホテル前(約20分)
↓ ハイアットリージェンシー向かい(約24分)
↓ JPスーパーストアー前(約28分)
↓ パシフィックプレイス(約31分)
↓ ホテルニッコーグアム(約35分)
↓ ロッテホテル前(約37分)
↓ ウェスティン前(リーフホテル)(約39分)
デデド朝市(約60分)

<ルート(復路)>
デデド朝市(所要時間)
↓ パシフィックプレイス(約15分)
↓ ホテルニッコーグアム(約20分)
↓ ロッテホテル前(約23分)
↓ ウェスティン前(リーフホテル)(約25分)
↓ アウトリガー/ザ・プラザ前(約29分)
↓ サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前(約31分)
↓ ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前(約36分)
↓ パシフィックアイランドクラブ向かい(約40分)
↓ イパオビーチ/GVB前(約42分)
↓ グアムヒルトン(約45分)
↓ シェラトンラグーナグアムリゾート(約55分)
オンワードビーチリゾート(約60分)

(8)ハガニアマリンバス(運行:約40分間隔)(※2017年10月以降運行)

アガニャショッピングセンターから観光スポットのフィッシュアイ海中展望塔までをつなぐシャトルバス。海岸線を南下するルートで、景色を楽しみながらドライブ感覚で移動ができます。

<ルート>
アガニャショッピングセンター(所要時間)
↓ マリア大聖堂(約5分)
↓ フィッシュアイ海中展望塔(約17分)
↓ フィッシュアイマリンパーク前(約20分)
↓ マリア大聖堂(約35分)
アガニャショッピングセンター(約40分)

まとめ

いかがでしたか?
赤いシャトルバスを利用すると、行動範囲がぐんと広がります。路線がいろいろあり最初はちょっと乗るのが難しいように思われるかもしれませんが、目的地さえ決まれば路線も決まってくるので、実はけっこう気軽に利用できます。

さいごに。日本とは違いのんびりしたグアムなので、バスは時間通り来ないこともしばしば・・・。時間には余裕をもってでかけましょう!

チケットは、ココ夏ッ通信サイトからオンラインでもお申込みいただけます!
赤いシャトルバスの詳細・申込み(ココ夏ッ通信)

関連する記事

グアムの現地オプショナルツアー予約なら

現地オプショナルツアーを日本出発前にお得に予約することができます。観光、マリンアクティビティ、ディナーショー、バーベキュー、エステ、ゴルフなど、品揃え豊富。WEB割も!お申込みは「ココ夏ッ通信」サイトでお受けいたします。

オプショナルツアーを探す