KONCHA WEB

グアム・サイパン・パラオ

とっておき体験やグルメが見つかる

ルックJTBココ夏ッ通信

サイパン随一の繁華街ガラパン!おすすめのスポット紹介

公開:2019/09/20  はじめてサイパン

ガラパン(イメージ)©Junji Takasago/MVA

ガラパン(イメージ)©Junji Takasago/MVA

サイパンへ来たなら、必ず立寄りたいのが「ガラパン」。

北マリアナ諸島サイパン島の中心部に位置し、ホテル、レストラン、ショッピングが集まっているサイパン随一の繁華街です。フィリピン海のきれいな景色を眺めながら食事や買い物を楽しむことができるだけでなく、太平洋戦争の記録が展示されているビジターズセンターやサイパンの歴史を学べる北マリアナ博物館などが周辺にあり、リゾートだけではない様々な顔を持つ、魅力の詰まった町となっています。

今回は、そんな「ガラパン」でココは行っておきたい、いちおしスポットをご紹介します!

何でも揃う!お買い物はジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンター

ハファダイ・ショッピングセンター レジカウンターとロコスタッフ
ハファダイ・ショッピングセンター レジカウンターとロコスタッフ ©マリアナ政府観光局/MVA

各ホテルからのシャトルバスが停車する免税店 T-ギャラリア by DFS 向かい、アクセス抜群の「ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンター」。

地元企業・ジョーテンが運営するこのショッピングセンターは、大型スーパーマーケットと隣接するベーカリー&カフェがあり、毎日多くの人で賑わっています。まさに海外!のスーパーマーケットは見ているだけでワクワクすること間違いなしです!

本国アメリカからの商品のほか、日本からの食品専用コーナーが設けてあるのも嬉しいポイント。 サイパンオリジナルのお土産も充実しているので、滞在中に一度は訪れてほしい場所です。

ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンターの詳細(ココ夏ッ通信)

歩行者天国!パセオ・デ・マリアナス

パセオ・デ・マリアナス通り
パセオ・デ・マリアナス通り ©マリアナ政府観光局/MVA

ガラパンに建つ人気ホテル、フィエスタリゾート&スパの目の前は歩行者天国の「パセオ・デ・マリアナス」。通りにはレストラン、お土産店、マッサージ店が軒を連ねます。「KOBAN」と書かれた警察署や「奉安殿」など、日本統治時代を感じる建物も。

メインの入口は2箇所。フィエスタリゾートホテルと免税店沿いのビーチロード側からアクセスできます。毎週土曜日には、サイパン阿波踊りチームのパフォーマンスが行われ、毎年10月には北マリアナ日本人会の秋祭り、年末には餅つきイベントなどが行われています。
*天候や諸事情により催行されない場合がございます。

アメリカンメモリアルパークで歴史を知ろう。広大な公園はお散歩にもおすすめ。

アメリカンメモリアルパーク(イメージ)
アメリカンメモリアルパーク(イメージ)

ビーチロードの突き当たり、星条旗が掲げられている広い公園は「アメリカンメモリアルパーク」。戦後50年を記念して建てられたアメリカの国立公園です。園内には「ビジターズセンター」があり、主に太平洋戦争の歴史が展示されています。ショートムービーの上映もあり、当時の貴重な映像を観ることができます。資料やショートムービーは日本語での説明があるので、安心です。

きれいに整備された園内は、絶好のお散歩スポット。サイパンを代表する海・マイクロビーチもすぐそこ。休日には地元の方々が 、 BBQをしたり、ウィンドサーフィン・SUPのマリンスポーツをしたりして楽しんでいます。お天気が良い日は少し足を伸ばして、クルーズ船が停泊しているスマイリング・コーブや、絶景を楽しめる「イノス平和公園」まで行くのもおすすめです。

イノス平和公園
イノス平和公園(イメージ)

サイパンの歴史を感じる場所。砂糖王公園・彩帆香取神社・北マリアナ博物館

彩帆香取神社(イメージ)
彩帆香取神社(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

日本がサイパンを統治していた時代。この町は「ガラパン=柄帆」と呼ばれ、多くの日本人が移り住み大変賑わっていました。精糖事業を成功させた南洋興発株式会社の設立者、砂糖王(シュガーキング)松江春次氏の像が置かれてる砂糖王公園には、当時のサトウキビ列車も展示されています。

また、園内には彩帆(サイパン)香取神社があり、毎年秋には日本人在住者の七五三のお祝い「ひもとき」が行なわれます。当時のガラパンの町並みを描いた地図もあり、この場所を訪れると日本の統治時代を想わずにはいられません。

道路を挟んで反対側には、かつての南洋庁サイパン病院跡地を使用した「北マリアナ博物館」があります。この博物館では、タガ遺跡時代からスペインやドイツ、日本の統治時代の資料から現在までの歴史を学ぶことができます。

木曜日の夜はローカル気分を味わって!ガラパンナイトマーケット

ガラパンナイトマーケット
ガラパンナイトマーケット(イメージ) ©マリアナ政府観光局/MVA

繁華街から徒歩で南へ10分~15分程のガラパンフィッシングベースで開催されるのが「ガラパンナイトマーケット」。毎週木曜日、夕方5時頃になると多くの屋台から美味しそうな香りが漂ってきます。サイパンの人気レストランが集合し、ローカルフードはもちろん、各国の料理、スイーツなどがお手頃価格で楽しめます。

その他、サイパンならではの民芸品を売っていたり、地元の子供達によるダンスや歌が披露されることも。お天気が良ければ、サイパン自慢のサンセットもお楽しみいただけます。地元感あふれるこのイベントで、ローカル気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ガラパンナイトマーケットの詳細(ココ夏ッ通信)

まとめ

いかがでしたか?
サイパン随一の繁華街ガラパンでは、ショッピングはもちろんのこと、奥深い歴史と文化にも触れることができます。 滞在中は、ナイトマーケットや歩行者天国のイベントにも足を運んで、親しみやすい現地の人々と触れ合いながらサイパンを存分に満喫してくださいね。

おすすめのコラム

サイパンの現地オプショナルツアー予約なら

現地オプショナルツアーを日本出発前にお得に予約することができます。観光、マリンアクティビティ、ディナーショー、バーベキュー、エステ、ゴルフなど、品揃え豊富。WEB割も!お申込みは「ココ夏ッ通信」サイトでお受けいたします。

オプショナルツアーを探す

オプショナルツアーを探す