KONCHA WEB

グアム・サイパン・パラオ

とっておき体験やグルメが見つかる

ルックJTBココ夏ッ通信

青い空!透き通る海!南国サイパンの美しいビーチ12選

公開:2017/12/28  更新:2018/06/04  はじめてサイパン

マイクロビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

世界屈指の透明度を誇るサイパンの海は「マリアナブルー」と呼ばれる真っ青な海!今回は、海の色が1日に7回も変わるといわれているビーチや穴場のビーチをご紹介していこうと思います!

マイクロビーチ(ガラパン地区)

マイクロビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

ガラパン中心部からも歩いても行けるマイクロビーチは、サイパン島を代表するビーチです。サイパン島のビーチの中でも最も美しいビーチとも言われ、1日のうちに7回も色が変わるといわれています。穏やかな海なので子ども連れでも安心して遊べます。ビーチ周辺にはホテルも多いので、宿泊施設からのアクセスもよく訪れやすいスポットです。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:あり(時間によって開錠)

ウィングビーチ(サイパン北部)

ウィングビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

マリアナリゾート&スパホテルの少し北に位置するビーチです。透明度が高く、岩場が多いのでスノーケリングでは沢山の魚たちが見られますが、潮の流れが速い時もあり、リーフ(サンゴ礁)の外は急に深くなるので、ガイド付きで遊泳することをお勧めします。また、休日にはローカルがバーベキューなどを行っている程度で、とても静かなプライベートビーチの雰囲気が楽しめるビーチでもあります。ただし、ビーチに向かう道路は未舗装です。また、駐車場はなく、セキュリティーガードなどもいないので、盗難などには充分気をつけてください。

パーキング:なし
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

パウパウビーチ(サイパン北部)

パウパウビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

ケンジントンホテルサイパン付近から北方向へ約1km続く白砂のビーチです。水深が浅く透明度も良いのでスノーケリングが楽しめます。また、バーベキュー施設や駐車場が整備されているので、土日は地元の人々の社交の場となっています。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

アチュガオビーチ(サイパン北部)

アクアリゾートクラブの目の前がアチュガオビーチ。水深が浅く透明度の高い海で、沖に出るとサンゴや魚が見られてスノーケリングにぴったりです。 また、リーフの内側にあるため波が穏やかで、遠浅なので小さなお子様連れでも安心です。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

タナパグビーチ(サイパン北部)

長さ200mほどの小じんまりとしたタナパグビーチは、周辺には住宅が多くホテルも無いため、休日にはバーベキューが行われ地元の人々の憩いの場となってます。また、マニャガハ島が間近に見えるビーチ。沖に出るとサンゴ礁や可愛らしい魚が見られますが、潮の流れが早いので注意しましょう。

ランディングビーチ(サイパン南部)

ランディングビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

サイパン島の西海岸に広がる大きなビーチで、その名の通り、太平洋戦争末期の1944年6月15日に、米軍が上陸した海岸としても知られています。また、海面から出ている戦車の砲塔部分を見ることができる場所もあります。ビーチは遠浅で静かです。岩礁や珊瑚の少ない白砂の海底であるため、透明度は最高です。ここから見る夕日はサイパンで最も美しいと言われています。

パーキング:あり(場所によって)
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

チャランカノアビーチ(シュガードック)(サイパン南部)

遠浅の海と白い砂浜がどこまでも広がる美しいチャランカノア・ビーチは、週末は水遊びやバーベキューを楽しむローカル御用達の穴場スポットです。パーキングはダイレクトにビーチサイドに乗り入れできます。砂浜から突き出している桟橋は「シュガードック」という、日本統治時代に製糖事業を展開していた南陽興発が建設したもので、砂糖を船積みするために作った桟橋なので、シュガードックというわけです。

パーキング:あり(ビーチに駐車可能)
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

ラッダービーチ(サイパン南部)

ラッダービーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

南海岸に位置しサイパン国際空港からさらに南下したところで、アクセスには未舗装の悪路を通ることになります。駐車場から階段を下りていくと幅100mくらいの美しい砂浜に到着。左右を洞窟に囲まれたこの秘境ビーチは珊瑚礁の切れ間から沖合いに出て行くと急に深くなります。珊瑚礁の手前の海岸は非常に浅く遊泳には向きません。ロケーションが良いので撮影には良い所です。また、ココからはお隣のテニアン島が臨めます。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

オブジャンビーチ(サイパン南部)

オブジャンビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

島の南端に位置しラッダービーチの東にあるビーチ。ダイバーに人気のオブジャン・ビーチが広がっています。珊瑚砂の美しいビーチで穏やかで浅い海です。ダイビングの人気ポイントというだけあって透明度はSクラス。浅瀬でもカラフルな魚が沢山見られます。ダイバーに人気のビーチで、スノーケリングにも適しています。ただし、浅瀬はサンゴでゴツゴツしているので、マリンブーツを持参してください。また、珊瑚礁の向こう側は急に深くなっており、流れが早いので、ガイド付で遊泳することをお勧めします。ビーチには旧日本軍の防御陣地(トーチカ)があり、少し内陸に入ったところにはタガ・ストーン(ラッテ・ストーン)もあり、歴史物に触れることもできます。日中であれば駐車場にはセキュリティもいるので安心です。

パーキング:あり
セキュリティーガード:あり(時間帯によって)
トイレ:なし

ラウラウビーチ(サイパン東部)

ラウラウビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

サイパンで一番大きな湾、ラウラウ・ベイを臨むビーチです。オブシャンビーチと同様にビーチエントリーのダイビングスポットで、サンゴ、砂地、岩場とバリエーション豊富な地形に非常に多くの生き物が生息しています。スノーケリングでもミクロネシア固有種のオレンジフィンアネモネフィッシュを含む4種のクマノミが見られるスポット。海は穏やかで、砂浜は広くはないものの東西に細長く延び、端から端まで歩いてみるのも楽しいかも。また、駐車場のすぐ裏手には旧日本軍のトーチカ跡も残されています。セキュリティスタッフが常勤していますが、車のロックは忘れずに。

パーキング:あり
セキュリティーガード:あり(時間帯によって)
トイレ:なし

タンクビーチ(サイパン東部)

タンクビーチ(イメージ)©マリアナ政府観光局/MVA

カグマン半島の東海岸にあるタンク・ビーチは幅700mにわたる白砂のエリア。一見、砂浜のように見えますが、海中には岩礁が広がっているので、素足では入らない方が無難。また、太平洋に面している東海岸は西海岸のように遠浅ではなく、荒々しい波が押し寄せ、少し沖へ行くと急に深くなります。潮の流れも速いので、白波が立っているところには行かないように! 地元の人たちが釣りや漁をしている場合もあるので、邪魔にならない場所で日光浴や海遊びを楽しみましょう。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

マリンビーチ(サイパン東部)

マリンビーチはタンクビーチの北側。住宅地を抜けた所にひっそりと存在する静かなビーチです。観光客はほとんど見かけることがない場所ですが、週末は水遊びやバーベキューを楽しむローカル御用達の穴場スポットなので、駐車場もあり、バーベキュー施設まで整備されています。駐車場から小道を抜けると、両側を岩に囲まれ 、まるでプライベートビーチのような地形のビーチが登場します。遠浅ですが、潮の流れも速いので、白波の向こうは急に深くなっているので遊泳は波打ち際で。

パーキング:あり
セキュリティーガード:なし
トイレ:なし

まとめ

いかがでしたか?
サイパンの代表的なビーチをご紹介しましたが、サイパンにはこの他にもたくさんのビーチがあります。レンタカーを借りないと穴場のビーチには行けませんが、ぜひ挑戦してみてください。ただし、穴場のビーチはひとけが少ないので、盗難(置き引き、車上荒しなど)や水難事故には注意してください。

おすすめのコラム

サイパンの現地オプショナルツアー予約なら

現地オプショナルツアーを日本出発前にお得に予約することができます。観光、マリンアクティビティ、ディナーショー、バーベキュー、エステ、ゴルフなど、品揃え豊富。WEB割も!お申込みは「ココ夏ッ通信」サイトでお受けいたします。

オプショナルツアーを探す

オプショナルツアーを探す