KONCHA WEB

グアム・サイパン・パラオ

とっておき体験やグルメが見つかる

ルックJTBココ夏ッ通信

ホントに現地調達で大丈夫?グアム旅行の持ち物リストと意外な必需品

公開:2016/06/25  更新:2019/04/19  はじめてグアム

現地で買おうと思ってたのに売ってなかった、やっぱり持ってくればよかった・・・!なんてことがないように、今回は荷造りのヒント集。

<現地でOK><持参がおすすめ><あると便利>の3段階でご紹介します。

<現地でOK>グアムで買ったほうがイイもの

イメージ

・ビーチサンダル
スリッパがないホテルも多いので、部屋履きとしても使えるビーサンがあると便利。グアムでは、日本にはないようなトロピカルデザインのビーサンもたくさん見つかります。ディナー用のおしゃれサンダルは探すのが大変なので持参を!

・マリンシューズ、シュノーケルセット
どちらもABCストアやKマートでは10ドル程度で買えるので、日本で探すより簡単で安上がりです。ただしデザインはあまり選択の余地がないので、こだわる方はネット通販などで手に入れて持参がいいかもしれません。

・ビーチタオル
オプショナルツアー参加時など、なにかと必要になる大判タオルもグアムのほうが種類が豊富。リゾートにぴったりな派手柄もたくさんあります。冷房が効きすぎる時はブランケット代わりに、帰りは壊れやすいお土産を包むのにも重宝。

<持参がおすすめ>現地調達もできるけど持参がベター

イメージ

・水着、ラッシュガード
現地調達したいものNo1かもしれませんが、実はサイズが合わない、気に入ったデザインがないなど、好みの水着は意外に見つからないものです。着後すぐビーチに直行できるよう、とりあえず1着は持参しましょう!

・日焼け止め、虫除け、かゆみ止め
グアムにはSPF110という強力な日焼け止めもありますが、お肌に合わない場合もあります。虫除けやかゆみ止めも、必要になってから買いに行くのはなかなか大変。使い慣れたものを入れておけば安心です。

・こども周りのもの
現地でアレがない!コレ買わなきゃ!!と焦るより、オムツや離乳食、浮輪からベビーカーのフックに至るまで、こども周りはできる限り持参したほうがゆっくりできます。ただしグアムには持込禁止の食品がありますのでご注意ください。

持ち込みが禁止されている代表的なもの(グアム政府観光局公式サイト)

<あると便利>100均でも買える便利グッズ

・防水ポーチ
スマホやデジカメなどを入れて、首から下げられる防水のポーチ。小額の現金を入れたりもできるので、オプショナルツアーに行く時なども便利。なおパスポートはビーチに持っていかず、ホテルの金庫に預けてくださいね。

・物干しグッズ
水着やラッシュガードなど、ちょっと干しておきたいものが意外に多いグアム。ホテルの部屋にあるハンガーでは足りないので、折りたたみ式の物干しグッズが大活躍します。突っ張り棒を持参する上級者も!洗濯物はベランダではなくバスルームに干しましょう。

・クーラーバッグ
熱中症を防ぐためにも、こまめな水分補給は必須ですが、グアムのビーチには売店などがありません。ホテルでもらえる氷をクーラーバッグに詰めておけば、いつでも冷たいドリンクが楽しめますよ。

まとめ

いかがでしたか?
旅先であれこれ買い揃えるのは予想以上に手間と時間がかかるもの。特にグアムでは1ヶ所ですべてが揃わないことも多く、探し回っているとあっという間に時間が経ってしまいます。

上手に持ち物選びをして、限られた滞在時間を有効に使いましょう!

おすすめのコラム

この夏おすすめ!JTBで行くグアムツアーはこちら

グアムの現地オプショナルツアー予約なら

観光、マリンアクティビティ、ディナーショー、バーベキュー、エステ、ゴルフなど、現地ツアーを多数掲載!間際まで予約受付!お得なWEB割あり!JTBグループ運営の現地オプショナルツアー予約サイト「ココ夏ッ通信」。

オプショナルツアーを探す

オプショナルツアーを探す